トップイメージ

● お知らせ

2024年06月10日
講習日程を更新しました。
2024年06月06日
情報公開の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づく公告を更新しました。
2024年06月06日
ネットワーク暴追283が会員ページに掲載されました。
2024年06月05日
情報公開の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づく公告を更新しました。
2024年05月31日
講習日程を更新しました。
2004年04月11日
~ 県民大会の隔年開催について ~ 毎年開催していた「暴力団等追放・銃器薬物根絶県民大会」については隔年開催となり、令和5年度は開催しませんでしたが、本年度は、令和6年11月15日(金)新潟テルサで開催予定です。
2017年03月07日

 暴力団員等の該当有無の照会につきましては誓約書を提出して貰っております。つきましては、情報公開の各種資料のページに、★暴力団等情報公開に係わる誓約書の用紙を載せてあります。ご活用下さい。

なお、4月1日から照会に伴う情報提供については、
    暴力団員等と疑うに至った具体的理由について説明を求める他、
    これを明らかにする資料の提供を求める
ことになりますし、原則として専務理事の事前承認を受けた上での回答になります。
 詳細につきましては、当センターに確認して下さい。

2013年10月24日
~当センターが付近住民等に代わって訴訟~
平成25年10月24日、当センターは指定暴力団等の事務所が存在する付近住民の皆さんから委託を受け、当センターが原告となって事務所使用差止(暴力団事務所として使用させない)訴訟等を行うことができる「適格都道府県センター」として国家公安委員から認定を受けました。

● 暴力追放協賛自動販売機

暴力追放協賛自動販売機設置のお願い

当センターの事業は、皆様方のご支援による寄附金等によって運営しておりますが、昨年11月から新たに「暴力追放協賛自動販売機(寄附型自動販売機)」設置のお願いを始めました。

Q: 寄附型自動販売機の目的は?
A: 暴力団は、潜在化・不透明化を極め、半グレや準暴力団と結託して違法な資金獲得活動を行っています。そこで、作成したポスターを自動販売機の広告窓に掲げて、購入者の皆様の暴排・暴追の意識を高めていただくとともに、センターの事業活動の財源を確保することを目的として、寄附型自動販売機の設置をお願いするものです。
Q: 寄附型自動販売機設置のメリットは?
A: 薬物の根絶と暴力のない社会の実現は、SDGsに目標として掲げられておりますので、暴力追放協賛自動販売機の設置は、社会貢献活動として認知されるほか、飲料を購入される方にとっても、支払い代金の一部が寄附されることから、社会貢献活動への参加を認識いただくことができます。
Q: 寄附の仕組みは?
A: 清涼飲料水の売上代金のうち、設置者が受け取る手数料の一部を自動販売機運用会社の協力を得て、センターに寄附していただきます。新たに自動販売機を設置しなくても、既に設置されている自動販売機を暴力追放協賛自動販売機に変更することができます。
Q: 寄附型自動販売機により受けた寄附金の使い道は?
A: 暴力追放運動推進センターの事業活動(①広報啓発 ②暴力団排除組織・団体への支援 ③暴力追放相談 ④少年に対する暴力団の影響の排除 ⑤暴力団離脱・社会復帰の支援 ⑥講習・研修 ⑦民事訴訟の支援など)に大切に遣わせていただきます。

暴力追放協賛企業や自治体の皆様には、既に管理施設に設置されている自動販売機があれば、その自動販売機を是非とも「暴力追放協賛自動販売機」に変更していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。

ご賛同いただける場合は、当センターにご連絡をいただければ、ご説明に伺います。

自動販売機運用会社のご協力を得て、変更の手続をさせていただきます。

● リンク